つるぎのちから 新タイプ農業資材

農業資材

自然から生まれた新しい農業資材

この農業資材は、100%自然のものからつくっています。
その効果や安全性は大企業をはじめ多くの農家が確認済みです。

「つるぎのちから]は、植物と大地が持つ本来の力を効率的に引き出すことができる、新タイプの農業資材です。
その農業資材の効果は、多くの農家が確認しており、安心してご使用になれます。
水耕栽培、露地栽培、ハウス栽培と幅広い分野に使用されています。
また、作物がより一層元気になります。多くの収穫をお楽しみください。
畜産での使用実績も長く、牛、豚などが健康になります。

【特に変化が見られる作物】


 ・キュウリ、ゴーヤ、メロンなどのツル系の野菜
 ・なす、ピーマン、パプリカ
 ・青物野菜(ほうれん草、小松菜など)
 ・果樹(梅、びわなど)
→現在確認中

【使い方】

 ・200~500倍に水で希釈して、土壌や葉などに噴霧します。
 ・発芽してからの使用が効果的です。
 ・作物に合わせて、2~5回程度噴霧します。
 ・初めての方は、2・3株など少量から試してからの使用をおすすめします。
 ・詳しい説明はパッケージ内の説明書に記載してあります。

【成分】

 フミン酸、アミノ酸、ミネラル、植物エキス

【保管取り扱い】

 ・直接日光に当たらないところに保管してください。
 ・小児の手の届かないといころに保管してください。
 ・有効期限を確認して使用ください。
 ・一度希釈した液は容器に戻さないでください。
 ・農薬などの他の液と混合して使用しないでください。

【なぜ、違うのか?】

 物が根からの栄養一般に植吸収が必要です。
 そのときの考え方のとして、まず土壌を介して植物の根毛と土壌のバクテリアは共存共栄の関係にある。³ 
毛根の表皮は(+)に荷電し、最表面は(-)に荷電し、バクテリアも粒子の一つの形態であるので(-)に荷電している。さらに土壌粒子は本来、水成岩や火山岩の風化した粒子で最外部は(-)に荷電している。
 したがって同荷電のためにお互いに反発して結合することのない微粒子で、乾燥状態では微粉末になっていて、水分を含んだ状態では粘土状になっている。根毛と根毛圏のバクテリアと土壌は同じ(-)荷電であることから、お互いに相反発し何ら共存共栄になっていない。
 しかし何らかの有機体高分子(例 アミノ酸)がそこに入り込むと中和して密着するバクテリア根毛が密着する。また、腐食高分子はバクテリアによって、より低分子に分解される。アンモニア窒素は(+)イオンであるので根からそのまま吸収されるが、リン酸イオンPO43_、炭酸イオンCO32_は(-)なので直接吸収されることはない。同じ窒素の化合物であってもアンモニア窒素は吸収されるが硝酸窒素(肥料成分が化学反応して変質)は吸収されにくいのは、そのためである。さらに毛根の周辺に生息する根圏バクテリアは好気性(空気中の酸素を好む性質)であり、発育の条件として地中によく空気が入り込む必要である。

【お客様の声】

成長のスピートが早くて驚きました

 家庭菜園の団地で2週間遅れて苗を植え、「つるぎのちから」を使用しました。結果、誰よりも早く、多く、収穫できました。

遅れていた苗に噴霧
 お隣さんから「つるぎのちから」を紹介してもらい、遅れていたスイカ・キュウリに噴霧しました。すごいスピードで追い付いてしまいました。枯れかかったキュウリに新芽が出て長い間収穫できました。

ラディッシュを密植して栽培できました
 ラディッシュの種をまいて芽が出てから、「つるぎのちから」を噴霧しました。あまりの成長にびっくりして、そのまま、収穫しました。病気にもならなかったので、喜んでいます。

そのほか、多くのお客様から喜びの声が届いております。
※ 上記はお客様の個人のご感想です

農業資材の効果

ご購入はこちら(※外部リンク)
ワイズイノベーション販売事業部 小泉プロジェクト正規販売代理店

小泉製作所へのお問合せ

有限会社 小泉製作所
富山県中新川郡上市町森尻614
TEL 076-473-9075
FAX 076-473-9076